previous arrow
next arrow
Slider

NEWS

2021.9.6

秋なんで「食べます」

新しい ウイスキーも入荷します。駒ケ岳   秋なんで食べます。 朝夕が涼しくなってちょっ食欲も出始めたころ 秋の夜長を楽しみましょう!! お月見もなかなkいいもんですよ 麦焼酎 天盃よりオリ…

続きを読む
2021.8.25

え??? 来年の話???

                720ml ✖4回  ¥7,200  1.8L     ✖4回  ¥14,400 お受け…

続きを読む

EVENT

2021.9.10

秋酒~ひやおろし入荷中


豊穣の秋に円熟の味わいを


実りの秋──9月から木枯らしが吹く初冬にかけて、
ひと夏を酒蔵で過ごした秋の限定酒
「ひやおろし」の出荷が始まります。
秋に目覚めたお酒は穏やかで落ち着いた香り。
その味わいは、秋の深まりとともにまろやかさと旨味を増し、
次々に登場する魅力的な秋冬の味覚と引き立て合います。
日本の食と酒が最高の状態で出会う季節の始まりです。



ひやおろし」とは



↑この幟が目印


「ひやおろし」とは、江戸の昔、冬にしぼられた新酒が劣化しないよう春先に火入れ(加熱殺菌)した上で大桶に貯蔵し、


ひと夏を超して外気と貯蔵庫の中の温度が同じくらいになった頃、2度目の加熱殺菌をしない「冷や」のまま、


大桶から樽に「卸(おろ)して」出荷したことからこう呼ばれ、秋の酒として珍重されてきました。


ときは移って現在、日本名門酒会の「ひやおろし」も、春先に一度だけ加熱殺菌し、秋まで熟成させて、


出荷前の2度目の火入れをせずに出荷されます。貯蔵の形こそ、タンクや瓶に変わりましたが、その本質は昔と変わりません。


暑い夏の間をひんやりとした蔵で眠ってすごして熟成を深め、秋の到来とともに目覚める「ひやおろし」。


豊穣の秋にふさわしい、穏やかで落ち着いた香り、なめらかな口あたり、まろやかな適熟の味わいが魅力のお酒です。





















白露(はくろ)9月7日


しらつゆが草に宿る頃。朝夕に肌寒さを感じ始めます。旬の食材:さんま・椎茸・栗






 






秋分(しゅうぶん)9月23日


秋の彼岸の中日。昼夜の長さが同じに。旬の食材:銀杏・里芋・かつお






寒露(かんろ)10月8日


露が冷たく感じられてくる頃。五穀の収穫もたけなわを迎えます。旬の食材:松茸・ししゃも・柿







 






霜降(そうこう)10月23日


早朝に霜が降りる頃。山々の葉が色づき始めます。旬の食材:さけ・いくら・山芋







 






立冬(りっとう)11月7日


冬の気配が感じられる頃。木枯らしが吹き始めます。旬の食材:さば・なめこ・毛蟹






小雪(しょうせつ)11月22日


山に初雪が舞い始める頃。寒さの強まる冬の入り口です。旬の食材:ふぐ・白菜・りんご







 






大雪(たいせつ)12月7日


山々には雪が降り積もる頃。本格的な冬の到来です。旬の食材:ぶり・大根・牡蠣






冬至(とうじ)12月22日


一年で最も昼が短く夜が長くなる日。旬の食材:ズワイガニ・百合根・たら















続きを読む
2019.8.8

ワイン会お誘い🍷



8月23日金曜日

自然に楽しくワイン会🍷〜カジュアル

今回はワイン&ウイスキー〜大人の夏

●今回は少しだけワインについてお勉強してちょいハナタカさんになってより美味しいワインを楽しんでいただけます、気軽なスタイルです‼️ウイスキーもより美味しく飲める方法⁈教えます。夏泡(スパークリング)も楽しめます!ワインの開け方…泡の開け方教えます。簡単なオープナーご紹介もあります。

⚫️日時・8月23日金曜日の夜18時30分〜21時

⚫️会費・3800円軽食&ワイン🍷(有料ワインもあります)

⚫️場所・ハーベストキッチン

〒857-0802 長崎県佐世保市高天町6−1, Cubeビル 2F

⚫️募集…35名                                                        お申し込み方法…

メールmuranaka@tukumo.jp

電話0956472036

ホームページのお問い合わせにもok

 

続きを読む